2018年7月16日月曜日

2018.7.16 七里御浜の青物 朝まずめ


ツバスを求めて再び七里御浜へ

朝四時過ぎから四時半頃の一時の時合にてワカシが入れ食い状態

五、六匹掛けた全てが波打ち際で針が外れてオートリリース

二匹はかろうじて波が引いたところを走っていって手で放り投げキャッチしました(^^;

フックがワラサ仕様やであかんわな(*_*)

次回来るならトリプルは#3にしてきます!

ラインはPE08の8lbリーダーでも充分かも(-_-;)



今朝は掛けたワカシを波打ち際でオートリリースし、即キャストの繰り返しやったので、時合いというか、単に一つの群にルアーを放り込んだ回数が半端なかっただけでしょう(^^)
青物をこれだけ手返しよく釣るのは難しいでしょうね。

〈タックル〉
ロッド:シマノ '04AR-Cオシア1006
リール:シマノ '13ステラSW4000XG
ライン:PE1.0→ナイロン20lb
ルアー:旧スティンガーバタフライ28g ゴールド

2018年7月14日土曜日

2018.7.14 七里御浜 朝まずめ


今年も日本鋼管は小サバはいるもののツバスの気配なく、七里御浜へプチ遠征。

地元情報で台風前に小ツバスが日ムラなく釣れていたとのことでしたが、大雨後も好調とのことだったので思いきって南下。

朝四時過ぎからやってみましたが、キャッチできたのは30cmにも満たないシオが一匹だけでした。
一度ラインブレイクはありましたが、弱ったPEが切れただけで、さほど大きくはなさそうでした。

周りもシオは釣れていた感じです。

七里御浜の青物はまだまだこれからよくなるようなので、また情報入れば行ってみたいです!




〈タックル〉
ロッド:シマノ '04AR-Cオシア1006
リール:シマノ '13ステラSW4000XG
ライン:PE1.0→ナイロン20lb
ルアー:旧スティンガーバタフライ28g ピンク、フルシルバー(オーダーカラー)等

2018年6月29日金曜日

2018.6.29 なまずー調査でライギョが釣れた! 真っ昼間


蛇穴狙いでまさかのライギョがヒット!

落ちパクでバコンと出ました!

15分の格闘の末、抜きあげ不可能のため、フィッシュグリップにてランディングしたのは85cmの自己最大記録のライギョでした!

しかしトゥイッチンフロッグはよー粘ってパワーのあるえーロッドですね。安いのに侮れません。
リールもダイワにせなあかん(^_^;)





〈タックル〉
ロッド:ダイワ ブラックレーベル トゥイッチンフロッグ FR701MHFB
リール:シマノ 15カルカッタコンクエスト200HG
ライン:ナイロン20lb
ルアー:スミスキャタピー

2018年5月27日日曜日

2018.5.27 なまずー調査 夕まずめ


この一ヶ月間、自宅近辺のいろんな水路を調査し、どこもかしこも鯰がいなかったのですが、やっと魚のたまり場を見つけました。
前日の昼間、何回かバイトがあった用水路へ本格的に夕まずめを狙って行ってきました。
魚が確認できたポイントは二ヶ所。どちらも用水路からの段差のない流れ込みが合流し、中心の流れは早目でその流れが反転している岸際の淀んだ流れの中です。セオリー通りやね(^_^;)





五時半頃から開始しましたが、一ヶ所目は立ち位置が水面に近いので草に隠れて静かに近づきキャスト。
緩やかな岸際から引いてきたルアーを流れのある浅瀬の中心部で背鰭を見せながら激しくバイト。フッキングせず、もう一度同じコースをトレースするとまた出ます。でもフッキングせず。何回かキャストしたのでこのポイントは休ませることにして下流へ。
下流はブッシュも生い茂り雰囲気はあるものの、単調な流れが続くだけで何も流れの変化がないせいか無反応。

30分位して元の場所へ。今度は少し下流側から離れてブッシュの際へキャタピーをキャスト。一発でバイト。しかし乗らず。もう一投。今度は深みでバイト。ロッドに重みがしっかり乗ったところでやっとフッキング成功。独特の重量感を少しの時間楽しんだあと、一気に抜き上げ無事にキャッチ。
52cmほどのメスのナマズさんでした。




二ヶ所目のポイントへ移動。
暗くなりかけてきたのでポイントに近い水際までは降りずに小さな橋の上からキャスト。やっぱり一投目から出ます!
二回ほど出たものの乗せられず、ポイントを休ませる時間もないのでルアーを鯰チューンを施したダイワのフロッグに変更。フロッグには派手な出方はせず、気づいたらフロッグが水面から消えているようなバイトです。合わせのタイミングが掴めず二回ほどすっぽ抜け。三回目でようやく魚の重みを感じ反転するのが伝わったので合わせと同時にそのまま引っこ抜こうと思ったらフロッグだけ飛んできました(-.-)
くわえてただけなのね(*_*)

暗くなりかけてライトを持参してなかったのでこれで終了。
無数のバイトはありましたが、キャッチできたのは一匹だけ。
あらためてナマズのトップは難しいと痛感しました。
今度は60アップを狙います!


〈タックル〉
ロッド:ダイワ ブラックレーベル トゥイッチンフロッグ FR701MHFB
リール:シマノ カルカッタコンクエストDC200
ライン:ナイロン20lb
ルアー:スミスキャタピー、ダイワスティーズフロッグ等


2018年3月16日金曜日

2018.3.16 '04AR-CをKガイド化!

今年ももうすぐ熱い(暑い!)ショアジギングの季節がやってきます!

今年こそ日本鋼管でツバス釣りますよ(^-^;

今年もその主力ロッドとなるシマノ'04AR-CオシアS1006の全てのガイドをKガイドへ変更しました!

'04AR-Cは、軽くてよく飛びよく粘る本当に素晴らしいロッドなんですが、旧ガイドのため、たまに起こるPEの糸絡みに悩まされるのです(*_*)

そこで二本所有する1006のうち一本を思いきって最新ガイドへ変更しました。

まだ試投はしていませんが、これでライントラブルも減少することを願ってます(^ω^)

 


右がノーマルガイド、真ん中が今回装備したKガイドです!絡んだPEもするりと抜けそうですね(^-^)
左からオシアS906MH(昨年の暮れに波切でハマチをゴボウ抜きしたロッドですが見てのようにバットが長すぎるのが難点!)、S906、S1006(Kガイド)、S1006
過去には、S1106、S1206とかも所有してましたが、最終的に一番使いやすいこの四本に落ち着きました。
でも予備にもう一本S906を買ってKガイド化したいのですが(^^;


2017年12月30日土曜日

2017.12.30 七里御浜にて釣り納め 朝まずめ

12月は七里御浜でワラサが回っているというので思いきって南下中。今回四回目となります。

伊勢道から紀勢道を使い、ポイントまで約一時間半。昔なら三時間半コースだったのが高速道路ができて楽な時代です♪

しかもほとんど浜にクルマベタ付け(^-^;

なんせ波切は漁協駐車場から釣り場までが遠すぎて釣り場に着くと汗だくでヘロヘロになってしまうのが毎回苦痛でした(-_-;)

七里御浜では、これまで毎回横の方ではワラサクラスがあがっているのですが、自分の射程には目立ったボイルもなく、毎回悔しい思いをしております。
唯一、前回はキャストしたルアーの進行方向に瞬間的なボイルが起き、見事にボイルの中にブルーフィッシュ30が突入したのですが、魚がくわえた瞬間に軽くなり、巻き寄せるとバレーヒルの80lbスナップがしっかりと開いており、ルアーだけを持ち去られました(T_T)
このため、今回はスナップ接続はやめて、溶接リング接続に変更。

ラインはPE1.5号にリーダー30lb2m仕様。

ルアーはカーペンターのイプシロン30-115
このルアー、オフショアでは全く出番がなかったのですが、115mmというショアサイズでしかもよく飛び、非常に魅惑的なアクションのため、最近使ってます。ここ七里御浜ではオーバーサイズを承知で(-_-;)

今朝は、射程範囲にたまに足の早い単発ボイルがでるのですが、ドンピシャで進行方向にルアーが入らず不発(*_*)

その後もジグとペンシルで九時前まで粘りましたが、今年最後の釣りも終了

現地の知合いによると、最近は午後にボイルが発生するみたいで、先週土曜日には一人で8本ハマチを獲った人もいるみたいです。
ここ二、三日のボイルは、カツオとハマチの混合でカツオの後ろにハマチがついているとのことです。

カツオはベイトがシラスのため、なかなかジグでは難しく、タコという針を20gほどの小型ジグに付けて釣るらしいです。ほとんど漁具ですね(^-^;

しかし漁具ではなく、ルアーで釣りたいので、数日後の2018年に期待します!

〈タックル〉
プラッキング用
ロッド:'04オシアAR-C S906MH
リール:'13ステラSW5000XG
ライン:PE1.5号→ナイロン30lb

ジグ用
ロッド:'04オシアAR-C S906
リール:'10ステラ3000HG
ライン:PE1.5号→ナイロン25lb



2017年11月25日土曜日

2017.11.25 波切突堤にて青物捕獲 朝まずめ


ここまで長い道のりでした。

たかが青物。

しかし二年連続日本鋼管ノーヒット。

今年もショアからの青物の顔は見れずに終わりそうな気配濃厚の中、藁にもすがる思いにて波切突堤へ通いはじめて四回目。

ショアからは今年はこれで最後と決めて挑んだ今回。

二年振りのショア青物はメタルジグではなく、トップで出ました!

今日はトップオンリーと心に決めて6時頃よりキャスト開始。

割とベイトのざわつきはあったものの、特にナブラにはならず、今日も諦めモードになりかけた6時40分頃、ダイブし、潜ったγを引ったくるバイト。

やっと味わえた青物の走り(TT)

でもヘビータックルのため、ほとんどファイトは楽しめずごぼう抜きでした。

あがったのは大ツバスまたは小ハマチ?
47cmほどありました。

やっぱγはいい動きしますね♪

オフショアでも、γでないと喰わないときありますが、ショアでも有効でした(^^)

タックルが少しヘビーすぎでしたがm(_ _)m

これでよい年が越せそうです♪

次回は真夏の日本鋼管ですか(*^^*)

〈タックル〉
ロッド:'04オシアAR-C S906MH
リール:'13ステラSW6000HG
ライン:PE2号→ナイロン30lb5m
ルアー:BC-γ15-110